nigorou memo


■3DCG
年を取るとやったことの無い事をやるのは億劫で、
勉強を始めるとすぐに眠たくなってしまう。
でもそこを乗り越えてコツコツと積み重ねると、
楽しい瞬間が待っているんだよね~すごいね~。

ニゴロウフィルム用の映像を作る為に本当に時々だけど
3DCGの勉強をしてきて、最近ようやく少しづつ形になってきた!

何もわからない時は苦痛しかなかったけど、
最近は時が経つのも忘れて没頭!すごい!久しぶり!

どんなモノができるのか全くわからないけど、
とにかく完成はさせようと思っております。

■96時間
96時間を見た事はなかったけど、最近宣伝のトコに
続編のリベンジを良く見る。
続編を見る為にはやっぱり元のを見とかないと、くらいの
モチベーションで見てみた。

度肝抜かれたね!!
これだから映画はやめられない!!
ドストレートな全く無駄の無い1時間半。
時々ダラダラと無駄な時間の流れる映画が散見されるけど、
これは無駄なしの見本のような映画です。

とにかく素晴らしい!!
文句ナシ!!
個人的なツボにもしっかり入ったので、
久しぶりの100点!!

あまりの圧倒的なパワーで、
見終わった後、しばらく動けませんでした。

CGがキレイで中身の無い映画が多い最近。
色々と見習って欲しいな~。

本当に面白かった!!
 
2014/07/02(Wed) 12:10 | comments(0) | メモ
■ハッピーバースディトゥミィ
昨日は誕生日でした。
やっぱりこういう時期は臨時収入もあるし、
夕飯とかお昼ごはんとか散財しまくりだし、
色々と非日常なイベントがあって楽しい!!
もうすっかり子供のような気分で楽しんでしまいました。
カニ食べたり、天下一品のラーメン食べたり、寿司ケーキだったり。

そして自分へのプレゼントとして、DJセット。

会社のDJ当番用に自宅練習するために購入。

色々やってみたけど、DJは奥深いし、
やれることは限られてるし、大変!

普段、あんまり音楽を聴かなくなってきたけど、
DJの為にひたすら聴く日々。これもまた楽しい。

ウチで爆音を鳴らしてたら外からどんな音に聴こえるのかな?
近所迷惑じゃないかな?と思って外に出て聴いてみたけど、
全く聴こえなくて超安心!!
一軒家バンザイ!!

イメージ通りに繋げられるようにがんばるど!
 
2014/07/07(Mon) 18:56 | comments(0) | メモ
■DJ無事終了
色々と準備したけど実力の半分も出せずに終わる、
というよくあるパターンのヤツでした・・

今回は曲をつなぐことよりも、「テクノの歴史と私」
というお題に沿った形でおしゃべり重視でやりました。
前半はクラフトワークやYMOからホアンアトキンスや
デリックメイ、ジェフミルズにつなぎ、エイフェックス
ツインやダフトパンク、ケンイシイなどを時系列に
つなぐ構成。

後半は石野卓球からおしゃべりナシでBPM140ら辺の曲を
10何曲ドドドドとつなぐ感じで。

結果的には自分らしくなったかなと。

次のDJ当番ではエイティーズをやりたいなぁ。

■キャビン
いつもの超映画批評で90点だし、
「ここから先の展開は絶対に読めない!」と
予告編に煽られたので見てみたけど、
これは何というか、そういうオチなのかーという
ちょっとした残念感が付きまとう後味でした。
いや、十分面白かったんだけどね。

目の付けどころも良かったし、でもこれは色々な映画を
見た人向けって感じで、玄人向けだったかな・・?

■マイティソー ダークワールド
前の話もふんわりとしか覚えてないけど、
アベンジャーズの流れを組んでいるので見る。

なるほどなるほど、そういうことねという感じ。

でもロキはあれどういう事なの?
3を見るべし!みたいな事なのかしら。やっぱり。

バックトゥザフューチャーやマトリックスみたいな
2と3を一緒にする感じというか?
まあいいんだけどね・・・

■ニキータ
96時間でリュック・ベッソンに興味が出て。
最初見た時はコンディションが悪くて、最初のお仕事まで
がえらくダルくて寝てしまった・・そのまま途中終了。

80年台独特の変なポップ感が鼻につくというか・・

でも気を取り直してコンディションの良い時に、
再度挑戦。

いや面白い!やっぱり名作は違うね!
コロンビアーナと同じ感じと聞いていたけど、
その通りで、でも切り口が全然違ってて。
独特の世界観もいいね!
ニキータが最初に比べて最初のお仕事以降、見た目がキレイ
になってたのも良かった。「画が持つ」というか。

何というか、秘密工作員って何かいいよね。
それだけでもうある程度面白くなっちゃう
ズルい。
 
2014/07/22(Tue) 16:17 | comments(0) | 映画
■図書館戦争
岡田君と榮倉奈々主演の女子向け?映画。
見終わった後も誰に向けた映画なのかさっぱり
わからない感じ。
岡田君好きする女子向けなのか?
戦争モノ好きの男子向けなのか?
その辺が全然わかんない。

それよりなにより、根本となる設定がどうしても
納得性が低く、見てるウチになんとかなるだろうと
思ってても結局最後まで違和感という感じで。

一つ収穫は岡田君の身のこなし。
和製トム・クルーズとしてもっと岡田君を前に出して
スパイものみたいなスーパーアクションが見たい!
と思いました。

やはりあの鍛えられた動きは伊達じゃない。

■セルラー
2005年の作品。
フォーン・ブースの脚本家、ラリー・コーエンの作品。
本当にワンシチュエーションものがうまい!
まさにノンストップで息のつまるサスペンス!
設定もちょっとおかしな部分があるけど、気にしない!
今やキャプテンアメリカのクリス・エヴァンスも
最初のチャラいフリからどんどんマジになる演技、
最高でした。やるなぁ。
素晴らしい映画。

■白ゆき姫殺人事件
こちらは映画でなく小説の方でした。
娘ちゃんが読んだものを譲り受け。
うーむ。
着眼点や表現の仕方など、納得性が高くて、
さすが映画になるような優れた作品ではある。
それは認めるんだけど・・。

登場人物の描写が気持よくないというか、
とにかくみんな性格が悪いのよね・・。
なので読んでても全然気持ちよくならない。
ずーっとムカムカが続いて突然終わる。

良作なのはわかるんだけどなぁ・・。
エンタテイメントとしてちょっと。
 
2014/07/29(Tue) 18:07 | comments(0) | メモ