nigorou memo


■猿の惑星:新世紀(ライジング)
非常に良くできた映画でした。
映像も脚本も演技もテンポ感何もかも。

でも、映画として正しいのだけど、
ストーリー展開は実に切ないというか悲しいというか。
最後のシーザーのセリフが全てを象徴してますな。

次の映画があるんだなぁというのもハッキリとわかるし、
でも消化不良にならない絶妙のエンディング。

いやー、すごく面白かったけど、
「そうなっちゃうかーーー残念すぎるー」という感情も。
入り込みすぎ!?

■里見八犬伝
会社の人に「今見てもすごいよ」と勧められて。
確かに今見てもスケール感とかすごいよね。
セットとか大規模だし、合成も味がある。

でも思ったより脚本がショボいし、
お話がイマイチでした。

真田広之がキレッキレで良かった。
 
2015/01/13(Tue) 11:11 | comments(0) | 映画
■LIFE!
いやーすごかった!!
こんな映画かなーと思ってたのと全然違った!!
めちゃくちゃ良かった!!

展開が予想できない系映画なのに、
満足度がナンバーワンかもしれない!!

映像のキレイさとか、流れとか最高ですなー。
動機の部分とか終わり方とかもすごい。

こういう映画があるから映画はやめられない!!
最近見た映画の中でダントツ一位でした。

まだまだ余韻が残っている・・。

良くなかった点は、ショーンのカメラのレンズに
撮影隊が写り込んじゃうからか、レンズ部分に
合成処理がしてあったのだけど、ゆるゆるで
そこだけポッカリ浮いてたのが残念・・。

それ以外はとにかく素晴らしかった!

■マレフィセント
まあ子供も観られるディズニーファンタジー映画という事で。

まあこんな感じなんでしょう。

アンジェリーナジョリーはすごく好演してたけど、
映画全体を漂う動機のモヤモヤ。

なんでそんな事してるの?っていう気持ちがずーっと
続く感じ。アナ雪もそうだった。アナ雪よりこっち
の方がモヤモヤが強い感じ。

とにかくモヤモヤでした・・。
 
2015/01/19(Mon) 17:58 | comments(0) | 映画