心に、よりそうお葬式。マナー編

よりそうお葬式に参列する場合

よりそうお葬式に参列する場合の写真

[PR] よりそうお葬式ならグランドセレモニー

よりそうお葬式、危篤・ご臨終の連絡を受けたら。

親戚や親しい知人・友人の危篤や死亡の連絡を受けた場合、まずは落ち着いてお伺いする場所を必ず確認し、できるだけ急いで駆けつけましょう。もし、友人や知人の連絡係を頼まれれば、快く引き受け、助けてあげましょう。遠方から危篤の連絡を受けた場合は、交通機関や宿泊先の予約を可能なかぎり急いで準備し、できるかぎり早く駆けつけるようにしましょう。危篤の場合は万が一のために喪服は持参すべきケースもありますが、前もって持参していることを相手方に悟られない様にしましょう。なお、仕事関係の知り合いの親御さんが亡くなられた場合、お通夜と告別式のどちらに出席すべきでしょうか?それはどちらでも構いません。一般的には告別式に参列することがベストではありますが、人によってお仕事やご家族などのさまざまな都合があるため、各々の都合に応じて出席しやすいように出席すればよいです。お通夜の前に個別にお線香をあげたい方もいらっしゃるかと思います。ですが、大切な方がお亡くなりになられたご遺族の方よりそうお葬式の準備や様々な手続きでお忙しくお疲れのため、必ず事前にご都合を確認しましょう。なお、その際、菓子や差し入れの軽食などを持参すると良いケースもあります。ご臨終の知らせをご遺族からでなく人伝に聞いた場合、お通夜や告別式の内容をご遺族に直接確認してもよいものでしょうか?それは、控えるべきでしょう。葬儀前のご遺族はたいへんとりこんでおり、お疲れなので、ご臨終を伝えてくれた方に確認するのがよいです。

よりそうお葬式が家族葬の場合

たとえば社員のお母様が亡くなり、家族葬ということで弔問を控えるべきケースがありますが、供花や弔電はどのようにすればよいでしょうか?ご遺族が供花や弔電をお断りしていた場合はお渡しする必要はありません。なお、その場合は社内でも訃報連絡などで共有しておきましょう。なお、社内の限りではなく、知人が葬儀を家族葬で行う場合、参列してもいいのでしょうか?家族葬を考える場合、家族葬といっても様々な規模があり、文字通り家族だけで行われる場合もあれば、親しい知人友人を招く場合もあります。ですので、はっきりと断られている場合を除き、まずはご遺族に確認をし、断られた場合は後日、連絡したうえでご自宅にお参りするとよいでしょう。なお、よりそうお葬式に参列できなかった他の方も個別にご自宅に伺っていて、個々の対応にお疲れになっているケースもあるため、状況をよく確認してお参りするタイミングを検討しましょう。

親族以外の葬儀の場合

ご近所の方や親しい方がお亡くなりなった場合、よりそうお葬式のお手伝いをしたい、というケースもあるかと思います。この場合、まずは急ぎ弔問に伺い、手助けが必要かどうかを確認しましょう。親しい仕事仲間が亡くなった場合は、故人が会社の関係者の場合は会社として段取りをするとよいです。というのも、会社関係者が個々人でよりそうお葬式の対応をしてしまうと、ただでさえお忙しいご遺族がさらにお忙しくなってしまいます。ですので、どうしても私的に弔問したい場合は、故人の上司にあたる人に相談するとよいでしょう。また、ご遺族に直接連絡を取りたい場合の連絡手段は電話でもメールでも構いませんが、メールの場合は確実に返信が得られない可能性がありますので、確実に返信が欲しい人は電話をしましょう。なお、お通夜の前に故人との対面を勧められた場合、すすめられたお気持ちを受け取って対面するようにしましょう。ご自身の気持ちの整理がつかない場合はその旨をご遺族に正直に伝えて丁重にお断りする様にしましょう。

よりそうお葬式